焼きそば

都内で飲み歩きをする時、〆の店を中心に選ぶと、1日が最高の状態で終われるというのは、計画的飲兵衛の鉄則とも言えるでしょう。もちろん、その日の出会いを大切にしたいという時は行き当たりばったりで店を決めるのも良いでしょう。私はしばしば〆を中心に考えて街に繰り出す事があり、そういう時は必ずといっていいほど「焼きそば」で〆る事がほとんどです。理由はわかりませんが(笑)美味しい焼きそばを食べられる店を知っていると、ランチに困ったときも重宝しますよ。大体は中華料理店で食べる事が多く、本場はやはり中国だなと感じます。末広町にある「中国雲南酒膳坊 過橋米線」というお店の焼きそばは、「蝦入り米線炒め」というちょっと読み辛く馴染みのない一品かもしれませんが、本場中国から取り寄せている米麺を使用した焼きそばで、伸びの良さと柔らかさと弾力のコントラストが美味しい麺と言えるでしょう。

そこに、シャキシャキのモヤシが加わり、ニラの香りが食欲を掻き立ててくれるでしょう。中国醤油と豆板醤のシンプルな味付けも癖になるポイント。お値段もお手頃で、焼きそばだけいただいても充分満足できるのも良いところと言えるでしょう。スープと小鉢がついてくるのもお得な気持ちにさせてくれるお店です。麺自体の美味しさで紹介するなら、大久保の「山西亭」もおすすめでしょう。「莜麺魚魚」という名の焼きそばは、莜麦という麦の一種の粉を天然水で練り上げたこだわりの麺が味わえるでしょう。丁寧に手で伸ばしたその麺と、野菜や豚肉と炒めた郷土料理とも言える焼きそばのほか、同じ生地を使っている「莜麺栲栳栳」をいただけるのは、日本中探してもこの店だけとも言われています。もちろん山西省が発祥と言われる「刀削麺」や「不烂子」といった中国麺料理も味わい深いお店です。そもそも都内で山西省料理を食べられるのが珍しいので、希少なお店とも言えるでしょう。