私が飲み歩きをするようになったのは、渋谷に住んだということがきっかけと言えるかもしれません。

渋谷に引っ越す前は、いわゆる住宅地と呼ばれる地域に住んでいて、正直その時は仕事もうまくいかず休みの日などは引きこもってばかりで発散もせずストレスが溜まりまた仕事へ行くという負のループの只中に居たように思います。

それでこのままではダメになると心機一転、楽しい思い出のある街に住もうと思ったのが引っ越しのきっかけ。結果は功を奏し、少し嫌なことがあっても街に繰り出すことで発散できるというサイクルに乗ることができました。

そこから飲み歩きが趣味になり、今ではそれを周りの人に広めるなんて活動までになりました。

渋谷でよく行くお店は「伊東の魚とワインの店イトウバル」で、伊東を中心として相模灘などから直送される旬の魚を使ってワインに合わせたメニューをいただけることで通うようになりました。

一番のお勧めは、その日の目玉食材を使った「鮮魚のアクアパッツア」でしょう。トマト、白ワイン、オリーブオイルで煮込んだ鮮魚はワインとたまらなく合い、リゾットで締めて旨みを丸ごといただけるのも嬉しいメニュー。

お酒も充実しているのでとことん飲みたいという時にもつい足を運んでしまいます。

友人を連れていくなら「渋DRA」です。

さまざまなメニューが魅力で、食が中心という時には選択肢に困らない店と言えるでしょう。

いつも目当てにしていくメニューは「牛ヒレとフォアグラのロッシーニ」。赤身の旨みが強く感じられる厚切りステーキの上に、ふんわりとした食感のフォアグラが風味豊かに存在するこのメニュー、ソースは赤ワインベースで酸味とコクがいいアクセントに。数量限定のため、終わってしまっていたら次に狙うは窯焼きのピザと創作パスタでしょう。

合わせたいワインも多く、女性に嬉しいのは100種類以上のサングリアではないでしょうか。カジュアルにワイワイと盛り上がりたい時にぴったりの店と言えるでしょう。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る