Search results for

赤坂見附

赤坂見附というと、高級感のある店から赤提灯まで楽しめる幅の広い飲み歩きが叶う街と言えるでしょう。今回はそんな中でも美味しいお肉をいただける店を紹介していきたいと思います。

まずは、松阪牛A5ランクがいただける店「松坂牛一頭流肉兵衛赤坂本店」をおすすめしたいと思います。

A5ランクの松阪牛を一頭買いしているこの店では、赤身や霜降り、ホルモンと言ったそれぞれの味を確かめるように味わえると言えるでしょう。

注目メニューは「肉の舟盛り」。赤身や霜降りが美しく盛られ、目でも楽しめる賛沢な逸品と言えるでしょう。

焼肉に欠かせないという人も多い「ご飯」も土鍋で炊くというこだわりの一品と言え、最上級の肉がワンバウンドするには最高の条件と言えるでしょう。

世界一と謳われる牛肉をリーズナブルに楽しめるのは一頭買いの一番の魅力と言え、スタッフさんもそれぞれの部位の特徴や焼き方を知り尽くしているので話しかけると丁寧に説明してくれるのも嬉しいところと言えるでしょう。

また「Meet Meats 5バル 赤坂店」は、高野和牛の雌牛だけを扱うというこだわりが伺えるでしょう。調理では備長炭を使用し、炭の香りと共に味わうお肉は、ジューシーで風味豊かと言え、甘みまでしっかり感じることができるでしょう。

おすすめは「和牛のカルパッチョ」で、とろけていく脂身と、旨みの余韻がたまらない一品と言えるでしょう。

また、夜景もおすすめポイントの一つであり、デートプランなどに盛り込む人も少なくないのではないでしょうか。絶品の高野和牛に合わせて仕入れられたワインも注目で、飲める人はしっかりと和牛とワインのハーモニーを味わえる魅力的な店と言えるでしょう。

どちらのお店を選んでも至福のひと時を過ごせること間違いなしと言えるでしょう。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る

恵比寿

お洒落な街や、大人の街といったイメージが強い恵比寿ですが、ここでの飲み歩きはさすがに「上品さ」「洗練」と言ったワードの似合うお店が揃っていると言えるでしょう。モツ料理をいただけるのが「ふじ屋」というお店。ここで提供されるモツは、切り方や調理法が工夫され、新食感のモツが楽しめると言えるでしょう。言わずもがな日本酒と相性の良いモツですが、ここでの特別なモツとの相性は抜群と言えるでしょう。当日の朝にしめたモツだけを使用するというこだわりからも分かるように、固定概念は覆えされっぱなし。その代表とも言えるのが、名物「塩もつ煮込み」でしょう。一般的にもつ煮込みといえば昧噌や醤油ですが、ここでは塩がメインの味付けで、鮮度抜群の牛マルチョウだから実現できると言える一品。脂が出切ってしまわないベストタイミングまで煮込まれたモツは、食感と確かな旨みに溢れています。大根おろしと豆腐というアクセントもあり、さっぱりといただけるのも嬉しい点。また、魚を食べたい時には「KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA」がおすすめ。ここでは、その日一番良い食材を、最適と考えられる調理で提供してくれるでしょう。全国各地から取り寄せた旬の野菜を使用し、イタリアのピエモンテ州料理がいただけます。「自然派大人のナポリタン」というメニューは、その名のとおり、野菜中心の具材が満載で、ケチャップでなくトマトの旨みをソースにした一品。スタッフが実際に足を運び、海外のトレンドを常に取り入れているため、常に新しい発見があるのも楽しい店と言えるでしょう。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る

管理人より

私が飲み歩きをするようになったのは、渋谷に住んだということがきっかけと言えるかもしれません。

渋谷に引っ越す前は、いわゆる住宅地と呼ばれる地域に住んでいて、正直その時は仕事もうまくいかず休みの日などは引きこもってばかりで発散もせずストレスが溜まりまた仕事へ行くという負のループの只中に居たように思います。

それでこのままではダメになると心機一転、楽しい思い出のある街に住もうと思ったのが引っ越しのきっかけ。結果は功を奏し、少し嫌なことがあっても街に繰り出すことで発散できるというサイクルに乗ることができました。

そこから飲み歩きが趣味になり、今ではそれを周りの人に広めるなんて活動までになりました。

渋谷でよく行くお店は「伊東の魚とワインの店イトウバル」で、伊東を中心として相模灘などから直送される旬の魚を使ってワインに合わせたメニューをいただけることで通うようになりました。

一番のお勧めは、その日の目玉食材を使った「鮮魚のアクアパッツア」でしょう。トマト、白ワイン、オリーブオイルで煮込んだ鮮魚はワインとたまらなく合い、リゾットで締めて旨みを丸ごといただけるのも嬉しいメニュー。

お酒も充実しているのでとことん飲みたいという時にもつい足を運んでしまいます。

友人を連れていくなら「渋DRA」です。

さまざまなメニューが魅力で、食が中心という時には選択肢に困らない店と言えるでしょう。

いつも目当てにしていくメニューは「牛ヒレとフォアグラのロッシーニ」。赤身の旨みが強く感じられる厚切りステーキの上に、ふんわりとした食感のフォアグラが風味豊かに存在するこのメニュー、ソースは赤ワインベースで酸味とコクがいいアクセントに。数量限定のため、終わってしまっていたら次に狙うは窯焼きのピザと創作パスタでしょう。

合わせたいワインも多く、女性に嬉しいのは100種類以上のサングリアではないでしょうか。カジュアルにワイワイと盛り上がりたい時にぴったりの店と言えるでしょう。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る

秋葉原

電気街やアイドル、オタクの街というイメージがある秋葉原ですが、グルメタウンとして飲み歩きには楽しい街ということを忘れてはならない街と言えるでしょう。

なんと言っても美味しいお肉がいただけるのが「肉バル肉ソン大統領 秋葉原店」でしょう。

タンドールオーブンで焼き上げる料理の数々は「外はパリッ、中はジューシー」と言うおいしさと楽しさの詰まった一品ばかりと言えるでしょう。

看板メニューは「肉肉肉盛り合わせ」というネーミングからも察せられる通り、盛られた肉の圧力に圧倒されてしまいそうな一品。

高温のタンドールオブンを使用しているため、調理時間は短いのも嬉しい。さらに「肉BEER」なるメニューもあり、これは北海道のススキノ地ビールとコラボしたメニューのようです。

程よいホップの苦みとあっさりした昧わいは、さすが名前通り肉との相性の良い一杯と言えるでしょう。

また、各国の料理とビールを味わいたいなら「世界一周旅ダイニング居酒屋 PUSHUP」がおすすめ。

外観からして植物に覆われており、店内も異国情緒あふれる魅力が満載のこの店には、ズバリ「専門料理」が無く、店主が各国を旅して味わった料理が全て取り入れられた店と言えるでしょう。

それゆえ世界の民芸品や写真がとろこ狭しと飾られているのも頷ける。もちろん、そのまま再現するだけでは面白くないので、日本人好みにアレンジが加えられているようです。

食材もメニューもその時々で変化するようなので、その日の気分で食べたいものを選びたいという時にはぴったりの店でしょう。

飲み物も各国のビールが揃えられており、嬉しい飲み放題プランなどもあるようです。稀少なビールもいただけるので、ビール好きにも必見です。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る

渋谷

若者の街といえば「渋谷」ですが、飲み歩きにもぴったりの街と言っても過言ではないでしょう。

渋谷もさまざまなジャンルの店がひしめき合い、何を食べるか決めるのが難しいという嬉しい悲鳴も聞こえてきそうですが、お肉を食べたい時は「山本のハンバーグ渋谷食堂」がおすすめでしょう。

目指すは「母親の味」と言いつつも、肉や野菜はもちろん米までも厳選しているこだわりよう。お母さんが作る家庭の味をこだわり抜いた食材で作るハンバーグがいただける店と言えるでしょう。

コンセプトからも分かるように、すべてのメニューには愛情たっぷり。愛情が溢れすぎてボリュームまでも大満足のメニューが揃っています。

「夢ハンバーグ」というメニューは、まさに大人版のお子様ランチと言え、3段に重ねられたハンバーグとベーコンとチーズに目玉焼きだけでなく、下にはパスタが添えられており、子どもから大人まで好きな物をこれでもかと味わえるでしょう。

どのメニューも「安心」第一で厳選され、生産者の人柄や顔が見えるというのも嬉しい点。有名名物メニュー「山本のハンバーグ」は、ナイフを入れたとたんクリームソースが溢れ、チーズの香りが食欲を誘うでしょう。

また、お肉料理とワインを一緒に楽しみたいというときは「ビストロブラウン」がおすすめ。

豪快でありながら繊細に調理された肉料理はこだわって厳選されたワインとの相性抜群と言えるでしょう。店は奥渋谷の入り口にあり、質の良い赤身肉をリーズナブルに堪能できる店と言えるでしょう。

「エアーズロックローストビーフ」は、必食の価値ありの豪快な見た目ですが、調理工程は繊細そのもの。良質なプライムビーフを特製スパイスとハーブでひと晩漬け込み、なんと4時間かけて丁寧に焼きあげているという一品。手間暇を惜しまない味の追求を是非味わってみてはいかがでしょうか。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る

御徒町

御徒町というと、昔から宝石の街として知られていますが、近頃では飲み歩きに最適なお店がどんどんと進出してきている街と言えるでしょう。

「十勝ダイニング豚っく」では、こだわって仕入れた十勝産の豚を、特製のタレにからめていただくことで、十勝豚の本物の旨さを味わえるお店と言えるでしょう。

また、十勝産は豚肉だけにとどまらず、他のメニューに使用される鶏肉や鹿肉、野菜と言った食材からお酒に渡って北海道十勝から仕入れるというこだわりも抑えておきたいポイントで、他ではなかなか味わえない食材を味わい尽くせるところもおすすめと言えるでしょう。

看板メニューは「豚丼」で、このメニューに関しては器までも十勝出身の作家が作った丼というこだわりに注目です。御徒町にいながら十勝を観光できるお店とも言えるでしょう。

豚丼は特製タレをからめて炭火で焼くためコクがあり濃厚な味わいを楽しめる。きめの細かい肉質にあっさりした甘みの味わえる脂が特徴のロースに、とろけるやわらかさと脂の旨みを強く感じられるハラミなど、香ばしい炭火の香りと山椒を合わせていただくのがおすすめ。

また丼の他にも、えぞ鹿肉やラム肉のしゃぶしゃぶも女性に嬉しい低カロリーメニューや、北海道の珍味と地酒もおすすめです。

もっとお肉を攻めたい時は「1ポンドのステーキハンバーグタケル上野店」もおすすめ。

この店のコンセプトは「好きな肉をたくさん食べてもらいたい」 ということらしく、美味しいお肉をリーズナブルに味わえるのが注目ポイントと言えるでしょう。

ステーキもハンバーグも楽しみたいという人にも「ステーキ&ハンバーグコンボ」なるメニューがあるのも嬉しいでしょう。音を立てて運ばれてくる山盛りのお肉を前に、テンションは最高潮になること間違いなしではないでしょうか。

「まちの数だけ感動味わい隊!!!!!」トップへ戻る

新宿

新宿と言えば、昔も今も大都会の代名詞。高級店から赤提灯まで飲み歩きには困らない街と言えるでしょう。カテゴリーも豊富でしょう。

よく地方出身の方が東京では魚が美味しくないということを言いますが、そんな友達を唸らせるには「タカマル鮮魚店4号店」がおすすめです。

店内で定食をいただくもよし、夜にお酒と共につまんでも良し、忙しい時にはお弁当という選択肢のある懐の広いお店と言えるでしょう。

軒先には魚貝がズラーっと並んでおり、その隣にお弁当やおにぎりが販売されています。奥に入っていくと客席があり、お客さんは多くが黙ってお刺身や海鮮丼を食べているという不思議なお店。

というのもこのお店は、仲卸である「鷹丸」が仕入れる新鮮な食材を提供するという新しい魚の食文化のかたちを築いたお店と言え、本気の魚好きが集まっているからと言えるでしょう。

昼も夜も魚好きによって埋め尽くされる店内では、ほとんどのお客さんが刺身か丼を食べているイメージ。人気メニューは「タカマル定食」で、約9種類の分厚い刺身がいただける。

刺身醤油も流石3種類から選べ、魚の種類によって使い分けるお客さんが多く見られる。「あら汁」も大人気な上、ご飯とともにおかわり自由という嬉しさ。

終日禁煙なので、喫煙者はご注意ください。

また、最近大人気の唐揚げを頂くなら「からげんき」でしょう。新鮮な鶏肉を使用したからあげとやきとりを食べながら朝まで飲むというのも最高でしょう。

毎朝仕入れているという鮮度抜群の鶏肉は、ジューシーさが炸裂。バリエーション豊富な昧付けが人気のからあげと丁寧に手打ちされた串がメニューの二本柱で、客層の幅広さも面白い店と言えるでしょう。

中でも一押しなのが「特製鶏のから揚げ」。大きさに一瞬怯みがちですが、思い切ってかぶりついてみると驚きのジューシーさに頬が綻んでしまいます。ボリューミーなのでぜひ大勢で訪れたときに挑戦してみてくださいね。

新宿三丁目

大都会の片隅で面白い飲み歩きをしたいという時はぜひ新宿三丁目という街がおすすめでしょう。

「オストレア新宿三丁目店」ではお洒落に牡蠣とワインを楽しめる店と言えるでしょう。牡蠣は種類豊富に取り揃えてあり、選び抜いたワインとのマリアージュは至福の時を約束してくれるでしょう。その時間を約束してくれるかのように、店内に入ると目に飛び込んでくるのが、ぎっしりと並べられた牡蠣でしょう。

氷の上に生きたままの状態で並べられており、注文が入ってから剥くという徹底ぶりのため、活け造りのように新鮮な牡蠣をいただけます。

種類は海外産のものも含めてかなりの種類が取り揃えられているため、その日の気分によって塩分濃度の濃いものからクリーミーな味わいのものまで選んでいただくことが嬉しい点と言えるでしょう。もちろん食べ比べも楽しいでしょう。

ワインもぜひ店員さんに好みを伝えてみるとぴったりなものをお勧めしてくれるでしょう。

また、驚くような雲丹に出会えるのが「いちりん新宿店」でしょう。ここでは上品で美しい創作料理の数々がいただけますが、中でも「雲丹のしゃぶしゃぶ」は必食の価値ありと言えるでしょう。

たっぷり雲丹を使ったスープに野菜を入れ、沸騰してから白身魚をしゃぶしゃぶして食すというメニューで、スープを通した食材は雲丹の風味を纏い、新しい世界を見るような感覚が味わえるでしょう。

贅沢を極めたいという日にはコースも用意されているためお勧めです。板長が有名な寿司屋で修行を積み、魚介の特徴を知り尽くしているからこそ生み出される創作料理は、全く新しい味わい方を教えてくれるのではないでしょうか。

もちろん、修行を積んだ寿司の腕前を生かした創作寿司も大人気メニューと言えるでしょう。